Player

Today 按播放鍵聽點音樂
播放時間 00:00 全歌播放時間 00:00
靜音
調整音量
用空白鍵變更歌曲順序,上下鍵可以調整歌曲順序。如果順序調整完成,請再按一次空白鍵。 選擇歌曲順序變更按鈕後,兩隻手指上下滑可調整歌曲順序。
    古典私物語 專輯封面

    歌名剎那 歌手名 濱崎 步

    歌詞

    lalala... 心が焦げついて焼ける匂いがした それは夢の終わりすべての始まりだった 憧れてたものは美しく思えて 手が届かないから輝きを増したのだろう 君の砕け散った夢の破片が僕の胸を刺して 忘れてはいけない痛みとして刻まれていく ※1 花のように儚いのなら君の元で咲き誇るでしょう そして笑顔見届けた後そっと一人散っていくでしょう lalala... 君が絶望という名のふちに立たされ そこで見た景色はどんなものだったのだろう 行き場所を無くしてさまよってる剥き出しの心が 触れるのを恐れて鋭いトゲ張り巡らせる ※2 鳥のように羽ばたけるなら君の元へ飛んでいくでしょう そして傷を負ったその背に僕の羽を差し出すでしょう ※1repeat ※2repeat 風のように流れるのなら君の側に辿り着くでしょう 月のように輝けるなら君を照らし続けるでしょう lalala... 君がもうこれ以上二度と怖い物を 見なくて済むのなら僕は何にでもなろう

    專輯

    專輯名 古典私物語
    歌手名 濱崎 步
    發行日 2005-04-01

    歌手的其他專輯看全部