LINE 登入
與名為現實的怪物戰鬥的人們

與名為現實的怪物戰鬥的人們

高橋優

朋友來電時您聽到的鈴聲
朋友打給您時朋友聽到的鈴聲
設定於LINE主頁上的背景音樂

人氣鈴聲

保齡球

保齡球

我們的平成搖滾樂②

歌手其他專輯

歌詞

作詞:高橋優 作曲:高橋優 どうして僕だけがこんなに辛いのかといつも思ってた 周りの人ばかり幸せそうに見えた だけど君と話したら少しだけだけど気が楽になった 似たようなことを打ち明けてくれたからかな 顔の見えない現実がときに怪物のように 僕らの志を潰そうと押し寄せてくるけれど 出会えて良かったと心から言える 人が少しずつ増えてく その温もりを噛み締めながら 支え合ったり卑屈をぶつけ合ったり 独りじゃ辿り着けない場所に 僕らは今きっと赴いている途中 途中 それは傷の舐め合いだ綺麗事だと笑う人もいるよ 少し前まで僕もそう思っていたよ だけど信じられる人がいると日々が少し明るくなる 意固地になっていた自分のことも分かる いつまでも一緒にいられるわけじゃないことは なんとなく分かっているけれど今は手を取り合える 想い描いている景色の中では 必ず君が笑ってて 同じ喜びを噛み締めている 信頼を置けたり誰より腹立てたり 独りじゃ過ごし得ない時間を 僕らは今きっと歩めているから 失ったもの指折り数えたその後で 今ある希望とこれから手にする光を 数えてみるんだ 出会えて良かったと心から言える 人が少しずつ増えてく その温もりを噛み締めながら 支え合ったり卑屈をぶつけ合ったり 独りじゃ辿り着けない場所に 僕らは今きっと赴いている途中
全曲歌詞
使用者條款隱私權政策行銷政策資料使用條款
© LINE Taiwan Limited.
營業人名稱:台灣連線股份有限公司統一編號:24556886